振り向くな後悔なんてするな!!
大丈夫 今日は昨日に変わってる By 錦戸亮

君の扉を開ける鍵は いつも君のポケットの中
今開けば ほら目の前に きっと待ってる
次の自分が

錦戸亮 関ジャニ∞大好きゆっきんの子育て&ジャニ日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
桑田真澄殿
こんじゅんわ(^^)

今日はジャニトークではなく ジャイアンツトーク(笑)

昨日 読売ジャイアンツ 桑田真澄投手が 巨人軍でのラスト登板をした。

桑田真澄と言えば 私が中学生のとき PL学園のKKコンビで
甲子園を沸かせたスターだった。
野球が大好きで甲子園も大好きだったので その波に乗って 桑田が大好きだった。
親にお願いをして 彼の最後の夏の甲子園に連れて行ってもらった。
 
PL学園の初戦は2回戦 東海大山形との試合だった。
この試合は記録尽くめの試合で PL学園の大勝利だった。
そして この年 PL学園は優勝し 私も夏休み 涙しながら甲子園を見ていた。
当時 中3だった私は PL学園に彼の弟 泉くんが在籍していることを知っていたので
泉くんとお友達になって 彼ともお友達になるんだと 真剣にPL学園に進学しようと考えた(笑)

そして ドラフト会議。
彼は進学すると言っていたが巨人軍が1位指名をし 巨人軍に入りたいと言っていた
清原は西武に入団した。
このドラフトでも散々彼はマスコミから叩かれていたが そんな言葉にもめげず
18歳でプロ野球の世界で頑張る事となった。
そして エースナンバー 18を背負いマウンドに立つこととなった。

プロ野球に入ってからも 借金 怪我と 事あるごとにマスコミから叩かれた。
多額な借金を出来るのも 彼が大きな人間だからこそだと言い放っていた私。
なかなか出来ないことをやってしまう彼は 凄いんだと言っていた。
それでも彼は頑張って マウンドに立つ彼を見に行きたく
大学時代 対中日戦のチケットは お友達に代返を頼み 中日ビルまで並んで買いに行き
3連戦 毎日のように見に行っていた。(当時は名古屋球場)
場所は外野席。ここが一番盛り上がる場所だからだ。安いし 楽しい。最高の場所だ。
球場では ジャイアンツのハッピ もちろん 桑田の背番号の入ったハッピを着て
両手にメガホン。選手の応援歌は全員歌える 私設応援団と間違えられるぐらい 熱中していた。
とある夏の試合。私たちはいつも 練習時間から球場入りし 外野席から見ていた。
彼が外野へ歩いてきたので 私は『桑田くーん!!』と叫んだ。
すると彼はその声に気づき 手を振ってくれた。本当に嬉しかった。
今 絶対 私を見たよね!!!とお友達と興奮して騒いでいた。
彼が登板した次の日の報知スポーツは必ず買っていてファイルしていた。
 
そして 右ひじ靭帯断裂。投手にとって大事な右手。
その右手にメスを入れることを決断し 渡米した彼を待ち受けていたのは
リハビリの毎日。1軍にあがれず ひたすらトレーニングをしていた。
そして メスを入れてからの 初登板。彼はマウンドに立ち ピッチャープレートに言葉をかけた。
彼はいつも 投げる前 ボールに話しかけていた。
それと同じように ピッチャーマウンドに話しかけ マウンドに立った。
そんな彼の姿を見て 涙した私。

でも 彼の成績はあがらず TVからも投げる姿を見ることが少なくなり
私も彼への気持ちも 冷めてしまった。
でも やはり 彼が登板していると 応援したくなり 頑張ってほしいと思っていた。

彼は38歳だ。清原も桑田もまだ現役で頑張っている。
本当に凄いことだと思う。
が 彼はジャイアンツのユニフォームを脱ぐ決心をしたのだった。
それを聞いて やはりショックだった。いつまでもジャイアンツのユニフォームを着ていて欲しかったから。
そして ジャイアンツのユニフォームで終わって欲しいと思っていたからだ。
でも 彼は200勝するまでは 使ってくれるチームさえあれば どこへでも行きたいと
現役続行の意思表示をしている。
本当に凄いことだと思う。
ジャイアンツにこだわり過ぎていた私。
今は どこのユニフォームを着ていてもよい。彼の200勝を一緒に応援したいと思う。

ありがとう 巨人軍 桑田真澄

23:59 Real Time comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:59 - - -
comment
メジャー昇格感動しました。
From. うん at.2007/06/13 11:33
うわーん ありがとう ゆっきん
私は巨人ファンであり、桑田君のファンでもあるのだ。
王さんの現役時代からずっと好きで、定岡さん、中畑さん、
川相さん、好きな人は数知れず。
桑田君の巨人脱はホントショックでした。
でも、清原&桑田はまだ野球界にいてほしいと思う私でした。
From. kei at.2006/09/26 13:56









この記事のトラックバックURL
http://enjoy-style.jugem.jp/trackback/697
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
SPONSORED LINK